知っておきたい保育園の基礎知識

個別型保育とは?

保育園に託すことができる範囲を超えた時間や病気の処置を迅速にするために、予備として個別型保育を利用する家庭が多くなっています。

 

一般的な個別型保育には、保育ママ制度をはじめとしてファミリーサポートセンター、たくさんの人が利用するベビーシッターなどがあります。

 

そのうち保育ママ制度は、市区町村からの認定が下りた信頼の置ける保育者が子どもを預かる保育サービスです。

 

保育ママとして参入するためには、保育士資格を持っていたり、出産や育児経験に優れているなど、自治体による資格要件が揃っていなければならないのです。

 

また、自宅に確保できる保育スペースが安全面や衛生面で保育園と同様であることも欠かせない条件として当てはまります。

 

市区町村主導で活動しているファミリーサポートセンターは、育児や介護に関して地域で手を取り合う会員登録制の仕組みとなっています。

 

センターでは、育児の支えを求める人と支えてあげたい人とを紹介する活動をしています。

 

保育園の送迎のみならず時間外の対応、この他には通院やショッピングなどによる外出時にも我が子を任せることができます。

 

利用料金は全ての自治体で統一されているのではなく、1時間単位で1,000円ぐらいというのが目安となっています。

 

利便性の高いファミリーサポートセンターですが、推進している自治体が少なくないので具体的な話をしてもらうのも悪くありません。

 

ベビーシッターについてですが、これは民間で設立された会社に勤務する保育担当者が自宅へと派遣されて提供する保育サービスのことを言います。

 

早朝や深夜以外にも病中や病後などでも対応可能なので心強さがあるでしょう。

 

料金を心配する人もいるでしょうが、依頼する時間帯や子供の歳、自宅への距離といったことが影響しています。

 

大抵は1時間1,000〜1,800円になっていて、兄弟姉妹割引や月ぎめ料金などを取り入れているところが存在します。

 

個別型保育は仕組みとしていずれも個別契約になるので、相手を信頼し、自分を信頼してもらうことが肝心です。

 

 


個別型保育とは?関連ページ