知っておきたい保育園の基礎知識

認可保育園とは?

認可保育園に種類分けされるのは、あらかじめ国の敷いた設置基準に則して、最終的に都道府県知事の認可を得た施設です。

 

設置基準には複数あり、保育士などの頭数、施設の広さ、給食設備、防災管理、衛生管理などといった点に基準が敷かれています。

 

例えば施設の広さの場合、子供一人に3.3平方メートル以上の広さを備えるように求めるなどの基準が用意され、保育環境を良くするように取り組んでいます。

 

認可保育園のスタイルは、運営が国や自治体からの補助で賄われていて、収入の多寡で保育料が決定されます。

 

1か月の保育料は、それぞれの自治体によって違いが見受けられますが、一人あたり無料〜7万円ほど掛かります。

 

世話をしてもらう子供の年齢とも結び付きがあり、3歳児以上と比較して2歳児までが余計に費用が掛かります。

 

利便性を高めるために自治体では、異なる保育園に兄弟や姉妹を通わせなくても良いシステムや、保育料が安くなる兄弟姉妹割引制度を用意しています。

 

それから、前提として認可保育園は、保育園が設置されている市区町村に在住・在勤・在学している人のみが利用できることになっています。

 

徹底した管理の認可保育園の長所は、面積のある園庭が存在することや、栄養士がお抱えでいるため安全な給食サービスがもたらされることなどが該当するでしょう。

 

また、公立の職員は公務員ですから、保育士も事務スタッフも保育園の仕事に長期間に渡って従事している実績豊富な人材に恵まれています。

 

一方で、延長保育や一時保育などの類では、あらかじめ設定した範囲内で行うのが一般的で、病児及び病後時に該当する子供の保育には取り組めないなど都合の悪いところもあります。

 

ということで私立の保育園に着目してみると、決めている保育時間などの基準がいくらか柔軟なケースもあります。

 

システム面の整備が図られている認可保育園ですが、子供の世話をしてもらうほうの立場でのケアを受けられないことは心に留めておきましょう。

 

 


認可保育園とは?エントリー一覧

無認可保育園とは?
無認可保育園が指しているのは、用意された条件をクリアせず認可をもらっていない保育施設が全て該当していて、ときには認可外保育園とも呼ばれます。「無認可」という言葉のイメージで、ルールを守らず子供にとって相応しくない環境であるといった差別的な考え方は避けるようにしましょう。実際のところ無認可保育園には、施設の広さは条件を満たせないものの、それ以外は認可保育園と大して変わらない充実した保育サービスを展開している保育園も見受けられます。運営に関しては都道府県などの監査を受けているため、不安な安全面や衛生...
個別型保育とは?
保育園に託すことができる範囲を超えた時間や病気の処置を迅速にするために、予備として個別型保育を利用する家庭が多くなっています。一般的な個別型保育には、保育ママ制度をはじめとしてファミリーサポートセンター、たくさんの人が利用するベビーシッターなどがあります。そのうち保育ママ制度は、市区町村からの認定が下りた信頼の置ける保育者が子どもを預かる保育サービスです。保育ママとして参入するためには、保育士資格を持っていたり、出産や育児経験に優れているなど、自治体による資格要件が揃っていなければならないのです...