知っておきたい保育園の基礎知識

認可保育園の開園時間について

一般的に認可保育園は、午前7時頃〜午後6時頃が開園時間に定められていて、午後7時頃が延長保育に設定されています。

 

一方、土曜・日曜日や祝日に関しては休園と決められています。

 

ですから、仕事先の休みが平日に定められていたり、シフト勤務などの場合には困ってしまいます。

 

兄弟姉妹や祖父母などの支援で足りない時には、やむを得ず無認可保育園や個別型保育の組み合わせ利用を余儀なくされます。

 

保育時間中にある児童が熱を出すといった症状が出ると、保護者に対して保育園から「子どもの迎えに来てほしい」と要求される運びとなります。

 

通い始めたばかりの時期は、なかなか園での暮らしに溶け込めないのか、体調を崩す子どもは多いとされています。

 

再び仕事を始めた頃にぶつかったり、働いていて抜けられない状態に置かれていたりして、悩んでいる保護者は多く存在します。

 

こうした状況で迎えに行ってくれる人がいないのであれば、利便性の高い登録制のファミリーサポートセンターなどを活用するのが望ましいでしょう。

 

それから、全国の自治体では病児保育施設の充実を図っています。

 

現存する保育園に併せて設置したり、小児科病院の中に設置する動きがあるので、調べてみるとよいでしょう。

 

すでに開設している病児保育施設の利用代金は普通、1日ごとに2,500円〜3,000円の範囲です。

 

発熱改善の兆候が出てきた場合や病後の経過をみるときには、できるだけ早期に病児保育施設に対して利用申し込みをしましょう。

 

通院が避けられない期間中は、形態の異なる保育ママやベビーシッターを選択するのが、いろいろと融通がきいてよいかもしれません。

 

なお、保育園だけでなく保育をお願いする相手には、子どもが抱えるアレルギーやかかりつけ医などを知っておいてもらいましょう。

 

そしてすぐに迎えに行く必要があっても、運転中の事故に遭わないためにも気持ちに余裕を持ちましょう。

 

 


認可保育園の開園時間について関連ページ