知っておきたい保育園の基礎知識

入園までに準備をすること

保育園への入園が決定したら、持ち物の準備とともに子どもの生活習慣を乱れないようにすることが求められます。

 

例えば入園許可の書類だけでなく保育園から送られる通知の具体的な部分まで目を向けて、早めに準備を済ませることを目標にしましょう。

 

曖昧で分かりにくいことに関しては、面接の段階でハッキリさせておくと万全を期すことができます。

 

的確な助言を与えてくれる先輩ママと知り合うことができると好都合です。

 

インターネット上にある保育に関するサイトや育児雑誌などでもためになる情報が取り扱われていますから、活用すると良いでしょう。

 

子どものうち2歳未満に着目して、外せない持ち物を把握しておきましょう。

 

用意する衣類は、食事で使うエプロン、砂場遊びで使うスモック、散歩で着る上着、昼寝で着るパジャマ、帽子などを準備します。

 

さらに昼寝で使用する寝具と汚れ物入れに使用する袋、夏の水遊び専用タオルなども忘れてはいけません。

 

どの物についても交換用がなくてはいけないので、煩雑な思いをします。

 

保育園ごとに違いは見られますが、素材やサイズなどについての決まりが定められていますから、チェックした上で揃えましょう。

 

何でも手作りにするのは現実的ではないですから、既製品にひと手間掛けるなどのような短時間で完成させる手段を模索しましょう。

 

我が子の生活習慣も解説していくことにします。

 

まず、早寝早起きと食事を摂る時間のことです。

 

大人の生活が基軸になることで、無意識のうちに子どもが眠ったり食事をする時間が崩れている家庭が増加傾向にあります。

 

迫る4月の入園に向けて、各家庭でおやつの時間や遊びの時間を設定して、良い状態の生活習慣に軌道修正しましょう。

 

次に実践するのは、自分で手洗いやうがいをすることです。

 

子ども用の踏み台を自宅に設置して、コップに水をくみ口をすすぐ動作のトレーニングを積みましょう。

 

子どもに専用のタオルを持たせて、しっかりフックにかけることができるようになるのを目指すのも悪くありません。

 

 


入園までに準備をすること関連ページ