知っておきたい保育園の基礎知識

保育園と幼稚園のどちらがいいのか?

我が子の年齢が3歳以上のケースでは、保育園と幼稚園のうちどちらを選択すべきかで迷う家庭も多いでしょう。

 

乳幼児のときから保育園で世話をしてもらった子どもにはたくましい傾向が見られるという情報を知ると、保育園に気持ちが傾くのではないでしょうか。

 

小学校に通い始めてからの勉強を見据えると幼稚園が適していると見聞きすれば、幼稚園を希望したくなるのではないでしょうか。

 

しかし、保育園には保育園ならではの長所があり、幼稚園には幼稚園に通うことでしか得られない価値があるため、どちらが正解とはいえません。

 

厚生労働省の管轄になっているのが保育園で、児童福祉法によって設置・運営されています。

 

前提として家庭での保育が難しい子どもを対象に定めた保育施設で、仕組みとしては公立の認可保育園の11時間保育を採用しています。

 

管轄が文部科学省の幼稚園は、学校教育法を基準として設置や運営が実施されています。

 

家庭で保育されている子どもを集めている教育施設で、公立幼稚園の保育や教育時間に関しては原則として4時間ぐらいと定められています。

 

これらのことから、これまでは保育園では保育を行い、幼稚園では教育を行うと理解することが当たり前だったのです。

 

けれども近年は、保育園であっても就学に目を向けた教育課程を導入しているところが増加傾向にあります。

 

さらに、幼稚園であるにも関わらず外で遊ぶ時間を延長したり、グループで生活をするということに比重を置くようにしています。

 

この他、長時間保育に留まらず教育面のどちらもカバーした「認定こども園」への対応も推し進められています。

 

世帯の年収と職場の関わり、我が子が持っている性質であったり良くしていきたい部分を基軸にして検討していくようにしましょう。

 

保育園に関しては、少しでも早く待機児童がいなくなることを願いつつ、自由に施設を選択できるようになると良いですよね。

 

 


保育園と幼稚園のどちらがいいのか?関連ページ