知っておきたい保育園の基礎知識

認可保育園の申込みについて

認可保育園では普通、基本として4月入園の申し込みを前年の12月から受け付け始めています。

 

仕事を産休明けから再開する際には、我が子の出産予定日により上手く申し込むことができます。

 

申請書は各地方自治体の窓口にあり、一括での入園相談も行っています。

 

満たすべき申し込み条件としては、保護者が職に就いていることで家庭に子供の世話をする人が存在しないことです。

 

保護者が持つ疾病などにより、育児が困難な場合も、正式な申し込みとして処理されます。

 

申請書への記入のほかに、書類では就労証明や源泉徴収票などのような所得証明を提出します。

 

審査で承認を得なくてはなりませんが、申請内容に問題がなく、保育園が定員オーバーの状態になっていなければ、目安として2月末〜3月初めに内定通知を得ることができます。

 

そして、各々の保育園で面接と健康診断を済ませて、集団保育に適していると判断されたら念願の入園達成です。

 

入園したい保育園が定員に届いてしまったときには、ほかの保育園への入園や待機手続きなどの説明をしてもらうことになります。

 

なかなか経済が上向きにならず親がどちらも仕事をしている世帯が増え、世間では待機児童の問題を心配する声が聞かれます。

 

代表的なところでは2歳未満の子供で、人やモノが集中する都市部を中心として認可保育園の数が不足している状況なのです。

 

ですから、一ヶ所の入園許可の結果が出てからそこ以外の保育園を考えるのでは時間不足の状態に陥ってしまいます。

 

事前に認可保育園に入園できないときの保険として、その他の保育施設への申請にも着手しておきましょう。

 

ちなみに、多くの家庭で複数の保育園に対する申し込み手続きがされているため、意外にもキャンセルが発生しやすい特徴も挙げられます。

 

3月初旬を終える頃には、必ずキャンセルや追加募集などのような情報にも目を向けましょう。

 

無認可保育園や個別型保育には、原則的に一年中、申請できる仕組みとなっています。

 

 


認可保育園の申込みについて関連ページ