保育園の選び方のポイント!【失敗・後悔しない判断の決め手】

認可保育園と無認可保育園について

数多くの待機児童がいることが社会問題化していますが、保育園の詳細を知ることができず、戸惑ってしまっている人がたくさんいます。

 

長男や長女を保育園に入所させるときには、必要以上に困惑するでしょう。

 

そのため、保育園の種類に関して取り扱っていきます。

 

施設型保育園に関しては、二つあり、認可保育園無認可保育園が該当します。

 

認可保育園については、置かれている設備や施設の広さ、職員の数や資格、保育サービスの中身などの点で、国が設けた基準をクリアしている保育園です。

 

公立、私立、公設民営があるのですが、例外なく国や自治体による補助で経営しているのが特徴で、保育料は所得の影響を受けて変動します。

 

それから、幼保連携化を目指した制度に基づいて、認定こども園も近年は増加傾向にあるとされています。

 

無認可保育園に関しては、認可の基準を満たしていない保育施設が該当し、別名は認可外保育園です。

 

園底が確保できないなど施設面積の基準に沿うことができなかったとしても、あとは特に認可保育園と違わない中身の保育園であったり、3人あるいは5人の保育をする保育ママといった施設が存在しています。

 

代表的なところでは東京都の認証保育所や神奈川県の横浜保育室などが挙げられますが、自治体独自の基準に沿って公的な補助金を受けて経営する形をとっている施設も見られます。

 

従業員が利用する目的で据えられた企業内保育所や、民間による経営のベビーホテルなどのところも、無認可保育園に該当します。

 

個別型保育のシステムは、正式な認定を市区町村から受けた保育者の保育ママ制度や、民間の保育ママやベビーシッターの利用があります。

 

これ以外には、会員になると子供の保育を任せたい側と引き受けたい側のニーズを叶えてくれるファミリーサポートセンターが、積極的に各地域で活動しています。

 

単純に保育園といっても色々ですから、早期に情報収集を済ませて、様々な要素を比べてみるのが好ましいでしょう。

 

 


保育園を決める時のポイント

都市部において待機児童で辛い思いをしている世帯などのことがニュースになっています。

 

しかしながら、子どもの数が少ないために園児の数が定員割れ状態になっている施設も多く挙げられます。

 

厳しい局面を迎えていますが、できる限りしっかりとした保育園に通えるような保育園の確かめておくべきことを見ていきましょう。

 

案内資料やインターネットを見て良さそうないくつかの施設があったら、自分の目で確かめるために保育園の見学に向かいましょう。

 

初めの確認事項として、施設の良し悪しがあるでしょう。

 

住居の検討をする雰囲気で、設置されてからの築年数や建築構造、それから防火や耐震に関してもチェックを入れます。

 

増設などが原因で設計に異様なところが存在しないかという部分なども、注意深く確認しましょう。

 

また、建物の裏に回ったところや食料品貯蔵室などが充分に掃除されているかどうかも確かめておきましょう。

 

第二のチェックポイントして、雰囲気を欠かすことができません。

 

雇われている人たちの雰囲気、そこにいる園児たちの雰囲気、これらの他にも周辺地区の雰囲気に目を向けましょう。

 

園長と従業員が対立することなく、保育士のコミュニケーションがよく取れているような施設なら安心できます。

 

世話をしてもらっている子どもたちの雰囲気は、心を開いて活発に遊べているかどうか、それに加えて落ち着いた状態を維持できるかどうかを見ましょう。

 

最寄りの交通機関から徒歩で行き来すると、地区の雰囲気を調べることができるでしょう。

 

近所のお店の人や交番にいる警察官に対し、対象となる地区の保育園に入れようと検討中だという事実を伝えて生の情報を仕入れましょう。

 

さらに確認することとして、給食やオヤツなどのシステムを挙げることができます。

 

保育園に給食施設が存在する場合は、メニュー例に掲載されている昼食やおやつを調査します。

 

しかし、無認可保育園に着目すると、給食設備が備わっていないことが少なくないのです。

 

契約を結んでいる業者や日常的に摂取している食事の詳細を把握しておきましょう。

 

 

 


すぐにラン活へ

みなさんが子供の時の通学かばんは何を使っていましたか?多くの方は黒か赤のランドセルだったのではないでしょうか。

最近ではランドセル自体の色やデザインが増えてきておりランドセルの見た目にこだわる親も多くなってきているようです。

そのためかここ最近では、お気に入りのランドセルが汚れないようにランドセルカバーの需要が高まっています。

男女両方で人気のカバーはランドセル本体のデザイン性をそのままに使用できる透明でシンプルなものが選ばれるようです。

また、女子の場合はかわいいワンポイントデザインのあるものも人気のようです。

ハンドメイドマーケットサービスでも出品されているのでここで探してみても良さそうです。

年々、購入時期のピークが早まっているランドセルですが2019年入学のお子さんをお持ちの親御さんはすでに購入されましたか?最近ではデザインや素材にこだわった工房系ブランドでは受注生産体制のため早めに注文される方も多いようです。

これから購入するという方向けに最新の流行を紹介します。

去年までサイズ見直し問題もありましたが今年はA4フラットファイル対応サイズが主流となっています。

デザインは男子向けでは「スポーティで元気!」というイメージのものから「上品で知的」な印象のデザインに変化してきました。

女子向けでは水色や紫からブラウン系カラーが流行です。

今年はブラウンやピンクに近い色味の赤系が売れているようです。

皆さんが小学生の時、通学する際はどんなカバンで行っていましたか?社会人の方のほとんどがランドセルだったと思います。

自分の子供が小学校へ入学する段階になりラン活を始めると自分が子供の時は男の子は黒、女の子は赤と色の選択肢はほぼなかったはずなのに様々な色やデザインのランドセルがあってどれを選んだらいいかわからないですよね。

選び方に困ったら他の多くの方が重視している面を参考にしましょう。

例えば、購入時ではなく購入後数年経過してからもう1度ランドセルを購入するとしたら何を重視するかというアンケートでは男子・女子ともに丈夫さが1位になっています。

ここでいう丈夫さとは型崩れしにくい、といったことなどです。

ここ何年か、夏休みになると近くのイオンなどで見かける光景があります。

それは祖父母と見られる大人と子供のグループがランドセルを一緒に見に来ている光景です。

参考:フィットちゃんランドセル評判は?我が家の口コミ!【写真あり】

ここではおそらく見に行くことの多いイオンオリジナルブランドの「かるすぽランドセル」についてインターネットで評判を調べてみました。

かるすぽランドセルのメリットは色々な種類や色など、幅広いラインナップから試着して選択できることと6年間無料保証があるので安心できることです。

デメリットとしては選べる幅が広いので親が考えていなかったものを子供が気に入ってしまうことがあることです。

最近はリビングで勉強をする子供が増加しているそうです。

リビング学習では親が近くにいる安心感から集中力が高まり、親にわからない部分を聞きながら勉強できるのでいいと言われています。

そのため、あえて勉強机を買わない家庭もあるようです。

そうすると悩むのがランドセルやカバンの置き場所です。

ただ居間にランドセルを置くとインテリアと合うか不安ですよね。

オシャレなランドセルラックや収納アイディアで解決してはいかがでしょうか。

例えば、カウンターの下の隙間にカラーボックスを置いてみたり、現在リビングで使っているラックの一部をランドセル用に使う、子供が床に置くことが多い場合はストレージボックスを活用するのもオススメです。

皆さんがランドセルを購入する際にどこへ行きますか?近くのスーパーや百貨店の売り場へ行く人も多いと思います。

中には、店舗まで行くのも面倒だし通販でいいかなという人もいるのでは?通販で済ませるのが悪いとは言いませんができれば1度は百貨店などの売り場で現物を確認してください。

なぜかというと、通販では本体の重量はわかっても実際に背負ってみて軽く感じるかや色などがわからずフィット感が悪くて使いにくいことがあるからです。

他にも、刺繍などのデザインや細かいこだわりも確認できます。

また、通販だと数が膨大すぎて逆に迷って決められないこともあります。

何年か前にタイガーマスク現象と呼ばれるランドセルを児童相談所や施設などに寄付する流れがありましたね。

何か助けたいという気持ちは素晴らしいものですがその後、施設職員から「ランドセルくらいは使う本人希望のものを選ばせたい」という話が出たように贈る側と受け取る側の必要としているものが違うこともあります。

この現象の発端となった人も実際、少し時間が経ってから「ランドセルの寄付自体には意味がない」と言っており子供達の支援が広がるきっかけになればいいなというところが本当の思いだったようです。

皆さんも寄付する際は贈る対象が本当に必要なものは何かを考えて贈りたいですね。

お子さんが小学校を卒業した際に悩むのが中学生になると使わなくなるランドセルの処分をどうするかということです。

捨ててしまう、人にあげるという人も依然多いですがここ数年で財布やパスケースにリメイクするサービスが人気になっています。

ランドセルは長期間使うことを前提として製造されているため撥水性や耐久性に優れ6年使ってもまだまだ使える状態であることが多いです。

そのため、愛着があるので捨てることができずかと言ってそのままでは使えないので結局邪魔になってしまいます。

形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

形を変えて使えることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

夏休みになると祖父母と一緒にランドセルを買いに来ている光景が夏の風物詩といってもいい状態になってきましたね。

先輩ママ達がその際に重視していたポイントについて確認しておきましょう。

まず、先輩ママ達から一番重要視されている色やデザインは「本人が気に入ったもの」でも良いですが幼稚園年長の時に「かわいい」と思っていたデザインが小学校高学年になってお気に入りのままかはわかりません。

同じように当時人気のキャラものにしたら6年間のうちに人気がなくなってしまうという場合もあります。

そのため、6年生まで使えるデザインやカラーを重要視している方が多いようです。

小学校への入学時は教科書や体操服、上履きなど思った以上に費用がかかることに驚きます。

その中でもランドセルは色々な価格帯がありますがいいものは高くなりがちです。

販売員をやっていた方に話を聞くと予算としては3万円以上にしておくとある程度の品質が見込めるようです。

実際に売れているのも4万円台が多いという調査結果もあります。

できるだけ品質が良くて安く購入したいという場合はセイバンなどの国産ブランドのアウトレットを利用してみてはいかがでしょう。

店頭サンプルで飾られていたものや少し傷がついたもの、機能的にほぼ変わらない型落ち品やキャンセル品がかなり安く買えます。